HOME>ホットトピックス>利益を生むことにもなる物件が人気化している

新しい試み

家族

横浜で不動産投資が人気であるからこそ、新築が評価されるのはもちろん、中古物件は賃貸向けにリノベーションをしているようです。また、駐車場にしたり、シェアハウスにしたりするなど、不動産の新たな活用法を試してみることがあるようで、人気化しているようです。

銀行からの評価

住宅模型

建物の造りから人気のある不動産があるようで、横浜では不動産投資を目的としたり、売却を考えたりした際、銀行などの評価が高い高層マンションに注目しているようです。8階建て以上の不動産が人気ですが、一戸建てならば、ツーバイフォーでの工法に価値があるようです。

節税ができる

積み木

横浜では、節税がしやすい不動産が人気です。不動産は株式投資とは異なり、実体があり、事業を行うためにかかる費用を経費として計上しやすいようです。横浜でも週末起業などが人気ですから、不動産で利益が出ても、その分適切に経費を使うことによって節税になります。ちなみに、あまり表沙汰にはなっていないものの、不動産は会計上の価値が低く見積もられているようです。実際に現金の動きはありませんが、建物が経年劣化していく分、会計上、経費として計算でき、投資に人気が集まっているようです。

収入源になる

家

横浜でも、収入源になり得る不動産が評価されています。土地を活用するなら、自動販売機を設置するだけでなく、今や老若男女問わず流行りとなるガチャポン機の設置、建物ならば太陽光パネルの設置ができる不動産が人気化しています。

広告募集中