案内する人

物件を購入したいときに使える

横浜で物件がほしいときに利用するのが不動産屋です。本サービスは多くの物件を使っているサービスで顧客の要望に合うものをたくさん用意しています。例えばマンションがほしいときに対応可能です。ちなみに賃貸物件もあるので学生など一時的に借りたいときにも対応できるのが魅力です。賃貸物件は予算や間取りなどに応じて多くのものが用意されています。一戸建てが欲しい人は中古物件を用意しているので購入を検討してみましょう。

物件を売りたいときにも便利

所有している横浜の物件を売りたいときにも不動産屋は利用可能です。建物だけでなく土地も売買が可能なので多くの方に対応できます。建物の場合はマンションから一戸建てまで売ることができるのがメリットです。また工場なども売却可能なので幅広い顧客を相手に商売を行っています。土地は普通のものから特殊な形状のものまで買取をしているので使い勝手が良いです。ちなみに物件を売るときには買取と仲介と呼ばれるサービスを選択する事ができるので、状況に応じて使い分けましょう。

仲介とはどんなサービスなのか

物件を横浜の不動産屋で売るときには仲介が利用できます。本サービスはどのようなものなのか気になる人も多いでしょう。これは不動産屋に依頼をして手持ちの物件を売りに出すものです。メリットは買取よりも高額な金額で取引をする事ができるところです。ただし仲介手数料が取られたり、売れるまで時間がかかってしまうので総合的に見てお得なのか判断します。仲介を利用すると早くても3ヶ月、遅いと半年くらいは売れるまで時間がかかるので注意しておきましょう。

買取のメリットなどを知っておこう

買取というのは横浜の不動産屋を利用して物件を売る行為です。一見すると仲介と似たように感じますが、売る相手が違います。基本的に仲介は買い手を見つけるので一般の方と取引を行います。買取の場合は横浜で営業を行っている不動産屋が買うシステムです。不動産屋は買い取った物件を自身の店舗で再び販売します。本サービスを利用するメリットは結構あります。例えば物件をすぐに現金化することができるので、急な用事で大金が必要になったときに便利です。仲介だと現金化まで時間がかかってしまうというときに利用しましょう。基本的に仲介と比較すると現金化できる金額は少なめです。その分瑕疵担保責任が発生しないメリットもあります。瑕疵担保責任とは仲介で他人に物件を売ったとき、買い手が気づいていない問題があったとき損害賠償を支払わないといけないルールです。業者間の取引には発生しないので買取は安全な物件の処分方法でしょう。

広告募集中